最近、幼稚園受験に挑戦する児童が増え続けています。その背景には、幼児教育の重要性が再認識され、人格形成の上でも正しい教育を早期に受けることが、子供の将来にも大きく影響するとかんがえられていることが上げられます。
また、男女雇用機会均等法の施行により、女性が正社員として働きやすくなり、経済的な余裕が生まれたこと、また、少子化が進む中で、子供1人あたりの教育費が高額になったことが上げられます。さらには、児童の受験をテーマとしたテレビ番組や雑誌などが多くの人の目に触れるようになことも大きな要員の一つです。
その一方で、児童のメンタルをいかにケアしていくのかも大きな課題です。受験というプレッシャーに児童が押し潰されないよう、周りの大人の配慮が必要であることは言うまでもありません。

子供が実力を発揮しやすい環境づくりとは

受験に成功する秘訣は、家庭環境にあると言われています。幼稚園であっても、大学であっても受験すれば合格する人もいれば、不合格になる人もいます。特に幼稚園の場合は、親の主導で受験に挑戦させる家庭が大半ですから、子供よりも親が一生懸命になってしまいます。
このことは、ある意味仕方がないことですが、度を過ぎると子供に過度なプレッシャーがかかってしまい、本番で実力が発揮できないことが多くなります。逆に、合格する児童の家庭は、受験をゲームのように捉えており、子供自身が受験を楽しんでいることから、本番で力を発揮やすいのです。
つまり、子供に受験を楽しませ、実力が発揮しやすい環境を日頃から作ることが大切であり、保護者は見守る姿勢を崩さないことが、合格への近道だと言えるのです。

子供が面接試験で失敗しない秘訣とは

幼稚園受験と言えば、保護者が付き添った上での面接が合否を決定づける大きなポイントだと言われています。ここでも、合格する児童と不合格になる児童の家庭では大きな差が出てきます。合格する児童の保護者は、面接も自然体で臨むことから、子供も素直に自分の思うことを喋ることができますから、面接官の心証が非常に良くなるケースが多いようです。
反対に、きっちりと面接の練習をしてきた場合、子供が間違えずに喋ろうとするあまり、返って支離滅裂な発言となることも多く、不合格になってしまう確率が高くなるのです。
誰もが、子供には質の高い教育を受けさせたいと思うものですが、受験に挑戦しているのは、あくまでも子供ですから、日頃の実力が発揮できるよう、リラックスできる環境を作ることが保護者の役割なのです。